障害者の物作りを応援します!

アーティスト島本翔太郎さんを訪ねて

今日は横浜市在住のアーティスト島本翔太郎(しまもと しょうたろう)さんの絵画を拝見に行き、翔太郎さんのお母さま素子さんに作品や翔太郎さんのお話など伺ってきました。
翔太郎さんは知的障がいがあり、また、生後6か月からてんかんを発症し、今でも時折発作が起こるとのこと。
「発作が起きないよういつも健康管理には気を遣っていますが、本人はとても明るく、人なつっこい性格で、遊ぶこと大好き、遊ぶことに命をかけているような性格なんです・・(笑)」と仰るお母さまもとても朗らかな方でした。



幼いころからアニメ「機関車トーマス」が大好きで、度々作品のモチーフになっているそうです。確かにアニメに出てくるキャラクターのカラーやよく見ると鮮やかな色合いの中に「トーマス」という文字が描かれているのが分かります☆
一色につき幅広の筆を1本使用し、ひとつの作品で8~9本の筆を使って描くそうです。
気持ちの赴くままに重ねたり混ぜたりすることでできる色の世界がとても美しいと思いました。


人なつっこくて遊ぶこと大好きな翔太郎さんののびのびとした世界観に溢れた作品は、どれも素直に私たちの心に訴えるものがあり、とても感動しました。
今日は撮影した作品の一部をご紹介します。みなさんは翔太郎さんの絵からどんなことを感じれますか?



リボンプロジェクトではこれから翔太郎さんの作品を多くの方に知って頂けるようお手伝いをしていきます★
5月26日(土)、27日(日)に開催予定の「障がい者の物づくり展示販売会」でも翔太郎さんの作品を展示することになりました!
ぜひこのチャーミングな作者の素晴らしい作品をご覧にお出かけください♪♪ お待ちしてます!

★★リボンプロジェクト「障害者物づくり展示販売会」★★★
5月26日(土) 27日(日) 午前11時から午後5時まで ※27日(日)は午後4時まで
リボンプロジェクト高田馬場サロン (新宿区西早稲田3-28-2 2F)JR高田馬場駅早稲田口より徒歩7分