障害者の物作りを応援します!

東京モード学園・一般社団法人むすび共同事業「ご当地しふぉんプロジェクト」スタートします!



コロナ下で障がい者の働く現場もとても苦労をしています。
一般社団法人むすびでは今年から全国の障がい者施設がひとつになって取り組む「ご当地しふぉんプロジェクト」を立ち上げました。
このプロジェクトはご当地の食材を取り入れたシフォンケーキを「ご当地しふぉん」として企画・ブランド化し、全国各地の障がい者就労支援施設で製造、販売を行っていく事業です。
東京モード学園の学生がブランディング授業として取り組み、デザインを含めた商品化への企画を提案。
一般社団法人むすびがレシピ開発、技術指導などの内製化の仕組みを作ります。
これまで単体で行ってきた事業を「ご当地しふぉん」という共通のテーマで全国の施設がひとつにつながります。
小さな力を大きな力に変え、コロナに負けない障がい者の「働く未来」を応援したいと思います!

「ご当地しふぉんプロジェクト」にご興味のある施設には資料をお送りいたしますので、一般社団法人むすびまたはリボンプロジェクトお問い合わせメールへご連絡ください☆